北の生き物たち   ほっかいどう
両生類イメージ しらべてみよう!
両生類ってなに?
両生類は、魚類・は虫類との中間に位置する生き物です。ほとんどが卵を産みますが卵胎生<らんたいせい>のものもいます。気温によって体温を変える変温動物です。
皮膚<ひふ>はやわらかくしめっていて、ウロコや毛はありません。
普通<ふつう>は四肢<よんし>があって前あしに2〜4指、後ろあしに2〜5趾<し>があります。こどもの頃<ころ>は水のなかで生活しているものが多く、えらで呼吸しますが、大人になると陸で生活するため、肺で呼吸するようになりえらはなくなります。
 
サンショウウオ目(イモリやサンショウウオなど有尾類<ゆうびるい>)・カエル目(無尾類<むびるい>)・アシナシイモリ目(無足類)とおおまかに3種類に分けられており、全世界には約3,000種が生息しています。

北海道にはサンショウウオ目とカエル目の2目5種が生息しています。
両生類の種類
 
もどる しらべてみよう メニューへ すすむ
ひとつ前のページへ 動植物についてしらべてみよう
トップページへ
ノースフィールド ライブラリー室 フィールドプレイ
このサイトについて