北の生き物たち   ほっかいどう
ほ乳類イメージ しらべてみよう!
ほ乳類ってなに?
ほ乳類とは、体を脊椎<せきつい>で支えている動物たちの仲間です。水の中に住んでいるものもいますが、肺で呼吸をしています。ヒトを含<ふく>む温血動物です。頭・首・胴<どう>・手足・尾<お>と体がわかれており、大体は母胎<ぼたい>からこどもが生まれ、母乳によって育てられます。体は毛やそれが変形したものでおおわれていて、脳がよく発達しています。
 
草など植物質を食べるものを草食動物、他のほ乳類や魚・昆虫などを食べるものを肉食動物、植物も動物も食べるものを雑食動物などといい、さまざまなほ乳類がいます。
 
世界中に18目、約4,500種のほ乳類が生息しており、そのうち日本には8目、約170種が生息。北海道にはニホンザルが属する霊長目<れいちょうもく>がなく、7目が生息しています。
 
ほ乳類写真
日本に生息するほ乳類8目
 
もどる しらべてみよう メニューへ すすむ
ひとつ前のページへ 動植物についてしらべてみよう
トップページへ
ノースフィールド ライブラリー室 フィールドプレイ
このサイトについて