北の生き物たち   ほっかいどう
は虫類イメージ しらべてみよう!
は虫類ってなに?
は虫類とはウロコや甲羅<こうら>で体がおおわれている動物たちのことです。両生類から進化した動物で鳥類やほ乳類は、は虫類から進化しました。 陸上で生活するのに適した体を持っていて、四肢<よんし>は短くヘビなど退化しているものもいます。卵生あるいは卵胎生<らんたいせい>です。 地球上には約6,000種のは虫類が生息しており、中生代に絶めつした恐竜<きょうりゅう>も、は虫類のなかまです。
 
日本では北海道にしか見られない種類にコモチカナヘビがいます。
これらは、稚内地方<わっかないちほう>とサロベツ原野でしか生息していません。

他の地域に比べて北海道は、は虫類・両生類の種類が非常に少ない地域といえます。
は虫類説明図
 
もどる しらべてみよう メニューへ すすむ
ひとつ前のページへ 動植物についてしらべてみよう
トップページへ
ノースフィールド ライブラリー室 フィールドプレイ
このサイトについて