北の生き物たち   ほっかいどう
魚類イメージ しらべてみよう!
魚類ってなに?
魚類とは水中で生活している動物たちのことです。体の形は水の抵抗<ていこう>を少なくするためにおなかの辺りがふっくらしている紡錘形<ぼうすいけい>とよばれるものと、高さのわりに平たい側扁形<そくへんけい>とよばれるものがあります。
 
水の中を泳ぐのには尾<お>びれを使い、他のひれは体を平行に保つために使っています。えらで呼吸をして、水の中に卵を生みます。世界中には約27,000種、日本の周りの海にも3,000種類以上が生息しています。地球表面の70%は海ですから、まだ人間が足を踏<ふ>み入れることができない深い海の底にも沢山の魚類が生息しているはずです。まだまだ発見されていない種類がたくさんいると考えられています。
 
魚類写真
説明図
 
もどる しらべてみよう メニューへ すすむ
ひとつ前のページへ 動植物についてしらべてみよう
トップページへ
ノースフィールド ライブラリー室 フィールドプレイ
このサイトについて